50歳から胸を大きくすることに成功した方法

 

50歳 胸に張りがある

50歳を過ぎても胸を大きくするには、今の胸の状態を把握しておく必要があります。

 

なぜ今、50代を迎えて胸を大きくしたいのか、その理由や目的は人それぞれですが、下垂したシワシワな胸をなんとかして女性としての魅力を取り戻したいと願うのは当然のことです。

 

50歳を過ぎても張りと弾力のある胸を維持し、あろうことか50歳で胸が大きくなってきた人も、テレビや雑誌で紹介されて話題になっていますね。

 

これまで成長期を終えると胸は成長しない、と言われてきました。
ところが、20代30代だけではなく、閉経を迎えた40代や50代から胸を大きくすることに成功している人も確実に存在しているのです。

 

なぜこのような不可能が現実となっているのでしょうか。

 

50歳を過ぎても胸が大きくなる理由

 

50代 からの成長

 

おっぱいを大きくしたい10代や20代は、まだまだ女性ホルモンの分泌が盛んなので乳腺が発達する可能性を秘めていますが、25歳くらいを境に女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量は一気に減少していきます。

 

女性ホルモンは女性の美しさの源とも言われるように、不足すると、胸の張りや弾力が失われたり、肌がカサカサに乾燥したり、髪の潤いがなくなってきたりする傾向にあります。

 

ですが、50歳を過ぎてからも美肌を維持したり、上向きの垂れない胸をキープしていたりする女性がいます。中には豊胸手術以外で胸が大きくなった人も。
同世代の50代からみると、考えられないような超人に見えることでしょう。そのため、彼女たちを世間では美魔女、と呼ぶ人もいます。

 

ですが、一瞬でコインや人を消したりする奇跡を起こすマジックにも必ずネタがあります。
実際にそうなった裏には必ず理由が存在しているのです。

 

ここでは、その50歳から胸が大きく成長した理由について解説していきます。

 

50歳を過ぎても胸が大きくなるトリック

 

バストアップに関する書籍は色々な出版社から販売されていますが、ターゲット年齢は10代や20代がほとんど。
女性ホルモンの分泌が盛んな時期にできること、バストアップに良いことなどが書かれているものが大半です。

 

30代や40代向けのバストアップ本も見かけますが、その多くがサイズアップとは無縁の、胸に張りを出したり、胸の下垂を予防・改善することを目的として書かれているもの。

 

50代向けのバストアップに関する書籍は一般にはほとんど販売されていません。
ここで世間の人は思います。、本屋に置いていないから50代はバストアップすることはできないんだ・・・と。

 

実は日本では書籍化されていないものでも、毎年様々な国々や学会で各分野から研究論文が発表されています。
その中でも近年注目を集めているのが、バストアップに年齢は関係なかった、という研究論文です。

 

これまでのバストアップの常識では、10代20代を境に胸は成長しないと言われてきました。
ところが、私たち乳房の中に枝状に張り巡らされている乳腺の中には、ラクトゲン受容体と呼ばれるものが存在することがわかったのです。

 

50歳で乳腺を発達させる方法

 

ラクトゲン受容体は、成長ホルモンの受け皿(レセプター)とも呼ばれています。
成長期においては成長ホルモンがたくさん分泌されますが、この成長ホルモンは乳房まで送られます。そして、乳腺の中にあるラクトゲン受容体(成長ホルモンの受け皿)と反応することで、乳腺が刺激されて発達し、胸が大きくなるのです。

 

50代で胸が大きくなる理由

 

当たり前の話ですが、成長期において、このラクトゲン受容体が完成していなければ胸は大きくなりません。
小学生や高校生の頃に胸が成長しなかった女性は、成長ホルモンは分泌されてはいたものの、この受け皿であるラクトゲン受容体が完成していなかったのです。

 

ラクトゲン受容体ができる年齢や時期

 

ラクトゲン受容体は、未成年である成長期に完成する人もいれば、中には一生できない人もいます。
ラクトゲン受容体がないことでもたらされるデメリットは、胸が小さいことだけですが、女性にとっては死活問題です。

 

ただ、ラクトゲン受容体は遅くても30代には9割近くの女性が完成していると言われています。
とはいっても、いくらラクトゲン受容体が作られても、成長期を過ぎて成長ホルモンが分泌されない年代では、バストは成長しないのではないかと思われる女性も多いかと思います。

 

ところが、自力で成長ホルモンが分泌できなくても、成長ホルモンの量を増やしてくれるハーブ成分が存在するのです。
この成長ホルモンの分泌を促進するものが、バレリアンと呼ばれるハーブです。

 

50代から胸は大きくなるか

 

バレリアンは元々、不眠改善を目的として医師が患者に処方する漢方薬でした。
ですが、その後バレリアンを摂取し始めた女性の胸が大きくなったという事例がいくつも報告されるようになったのです。
中には50歳を過ぎている女性もいました。

 

研究が進むにつれて、バレリアンには成長ホルモンの分泌を促進する効果があることがわかりました。
睡眠の質を高める効果があったのも、バレリアンの成長ホルモン分泌促進作用によって、ホルモンバランスが整えられるからだったのです。

 

ラクトゲン受容体があれば90%の確率で胸が大きくなる

 

50歳過ぎてバストが大きくなった

 

ここまでのお話をまとめると

 

  • 30代以降(40代・50代)の女性の9割はラクトゲン受容体を持っている
  • 50代からでもバレリアンで成長ホルモンの分泌を増やせる
  • 成長ホルモンがラクトゲン受容体と反応することで50代からでも胸が大きくなる

 

ということになります。

 

成長ホルモンがラクトゲン受容体と反応することで、乳腺は刺激されて発達し、胸は大きくなります。
つまり、成長期をすぎたら胸は大きくならない?ではなく、30代以降にならないと胸が大きくなる条件が揃わない人もいる、ということです。
その事実を知らないと、一生胸が小さいままコンプレックスを抱えて過ごしてしまうことになるでしょう。

 

50歳を迎えた今、ほとんど(9割)の女性の乳腺の中には、すでにラクトゲン受容体が完成しています。
ハーブであるバレリアンを摂取することで、成長ホルモンがラクトゲン受容体と反応し、多くの女性が50歳から胸を大きくすることに成功しています。

 

50歳から胸が大きくなった人が続けていた方法はこちらです⇒

 

生活習慣や食生活を改善すれば胸を大きくすることは可能だと言われますが生活リズムや食事を改善するだけで実際50歳を越えて胸が大きくなった人は数えるほどしかいません。つまり普段の食生活に含まれる栄養では胸を大きくすることは難しいということです。50歳から胸を大きくする方法は身体の内側から乳腺を刺激発達させる効果のある女性ホルモンを増やす以外にはありません。50歳を越えて女性ホルモンの多い人はやはり女を感じさせる雰囲気を醸し出しています。女性は女性ホルモンで形成されているといっても過言ではなく唯一そこが男性とは異なる点です。50歳からでも胸を大きくする方法はやはり体に不足している女性ホルモンを補うことに尽きます。更年期を迎え激減した女性ホルモンを正常な値にまで増やすことで見た目年齢も肌や髪のツヤも30代や40代の頃のように取り戻すことができます。女性ホルモンを増やすことは胸を大きくする方法としてだけではなく乳腺を刺激し自然な形でバストアップすることができることもメリットです。つまり豊胸手術のような作られた偽物の胸ではなく自然に成長した張りと弾力のある本物の胸を手に入れることができるのです。思春期のように女性ホルモンが自然に分泌されるような体を手に入れることで50歳からでも胸を大きくすることができるのです。プエラリアは女性ホルモンと同じ働きをする成分が含まれたタイ北部に自生する美の果実とも呼ばれるマメ科の安全な植物です。プエラリアはバストアップ効果が非常に高いことでも有名でこのプエラリアから抽出した豊胸成分によって50歳から2カップ3カップアップに成功した美魔女もいます。このようにプエラリアを飲んだ多くの人たちが50歳を過ぎても胸を大きくすることに成功しています。